ヒゲおじさんの独り言〜日記番外編in石川県


〒759-4101山口県長門市東深川978-5(正明市5区)
                   写真の和田

フリーダイヤル 0120-023218・Fax 0837-22-8590・ e-mail/photo-studio-wada@feel.ocn.ne.jp


20090227.jpg

石川の後輩の希望到着時刻に合わせると昼からの出発で前日、なんだかんだで4時過ぎに寝てしまい子供達にろくに挨拶も出来ずに山口県を後にするヒゲおじさん。新幹線に乗り込み本を片手にコーヒーを飲み黄昏れていました。しかし、5時過ぎると暗くなり景色も楽しめずに予想以上に長い長い6時間以上の旅でした!羽咋駅に到着し後輩である川島君に会う。やはりこみ上げて来る様々な思いがありました。だけど結婚する事にいまいち実感がなくいつもの調子で接してしましました。彼の写真館を案内させてもらいその後、お寿司をごちそうになり明日に向けて寝ることにそんな1日でした。

20090227-2.jpg羽咋駅にて
20090227-3.jpgごちそうしてもらったお寿司! 美味かった!!!
20090227-4.jpg道路に埋めてある謎のプレート


20090228.jpg

いよいよ結婚式当日の朝である。緊張の為か他の地の為か、快適な目覚めで朝を迎える。朝のさわやかな光を浴びながら式のある羽咋神社へ向かう。新郎、川島君にあってもいつもと同じでまだ、ピンとこない・・・。新婦到着すると、とても美人な方でビックリだ!!!いよいよ式が始まりシャッターを切っていると小倉時代、川島君にスナップを教えた事や2人で熱く語り合った事などを思い出してきた。式の流れは、こちらと大差なく厳かに行われた。羽咋神社から披露宴会場である和倉温泉にある、のと楽に移動してた。建物の作りに驚かされた!デカイしオシャレだ!あまりのデカさに迷子にならないか心配するほどだ。披露宴も川島君らしく気を使った、味のあるいい盛大な披露宴でした!最後の挨拶でも気持ちのこもった温かい言葉を頂きました。ありがとう!そして、おめでとう!!!夜は、川島君はお疲れの為、我が師である坂本先生と加賀屋に行った。さすが全国に名を知らしめている旅館だけあって全てに驚かされた!古風の中に斬新さを取り入れ、所々に遊び心を取り入れたすばらしい旅館であった!ショーを見ながらお酒を楽しませて頂いた。もちろん、温泉にも貼入った。海が近い為か、塩分を含んだ温泉であった。宿に帰りほろ酔いで寝た。贅沢な1日を過ごせた。川島君のとろける顔が又、良かった!

20090228-2.jpgとろける川島君
20090228-4.jpg加賀屋のバーテン
20090228-3.jpg加賀屋のショー


20090301.jpg

帰る日を迎えてしまった・・・昨日のアルコールの制か?スナップ疲れか?帰りたくないのか???身体が幾分重い!天気もいいのでテンションを上げ金沢へ!せっかくなのであまり時間もないが兼六園に行ってみる事に!駅から歩いて兼六園に向かったのだが老体には堪えた・・・さすがは、文化指定庭園だけあり古風な味のある。ところであった。季節的に微妙な時期だったが、雪の頃はすばらしいようだ。もう少しすれば、桜も咲きいい時期だと思うが仕方ない。樹々も年気ものが多く、建物や花々など楽しめそうだが、1人である寂しさを感じてしまった・・・色々と回りたい気もしたが、時間がない為に石川県を後に又、長い列車の旅が始まった。山口では涼成が迎えにきてくれてテンション高く、色々と話をしてくれた。佑朱は、寝ていた・・・。なかなか、行けない長期の旅、石川県。とてもいい思い出が出来ました。ヒゲおじさん御旅は終了した。今度は、家族旅行出来たらいいなぁと思っています。川島君、ありがとう!そして、おめでとう!結婚生活も仕事も共に頑張り又、ゆっくり逢えたらと思います。お幸せに!!!

20090301-1.jpg霞ケ池の前にて
20090301-3.jpg日本最古の噴水
20090301-2.jpg金沢城の外から

IMG_0095.jpgヒゲおじさんプロフィール
名前/藤島 庸晃(フジシマ ノブアキ)
誕生日/昭和51年6月27日
血液型/B型
出身地/福岡県北九州市若松
妻1人、子供2人/長男の涼成(りょうせい)、長女の佑朱(ゆあ)

北九州小倉の「さかえ写真館」で勤務し平成15年に長門へやって参りました。
自然に囲まれた環境と人と人の繋がりの大切さや温かさを痛感する毎日です。
今では、お客様はもちろんの事たくさんの人たちに出会え支えられています。人と人の繋がりの大切さが身にしみる思いです。
長門に来ていっそう人の心を感じる気持ちが強くなりました。写真を撮る事の難しさ、喜び、楽しさが倍増しました。
よりいっそう、人と向き合い写真を撮っていきたいと思っています。
写真のよさを知り写真が好きだから、これからも、ずっと・・・